エクラ・デ・ジュ。日々のキラキラ。

 

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|- |-|
おからクッキー、リベンジ!!

PENTAX K-x DAL18-55mm F3.5-5.6

苦しい思いをさせられたおからクッキー、使用法用量を守って食べている分にはとても重宝するダイエットおやつです(爆)

独自レシピを掲載〜
 おからきなこクッキー

生おから 300〜350gを 170g程度にフライパンで炒る!
ぱらっぱらになるまで。

ぱらぱらになったおからはフードプロセッサなどでさらに
細かくしておくとさくさく感アップ。

下記を振るっておく
 *小麦粉  150g
 *きなこ(砂糖入りでもOK) 20g
 ※だいたいおからと粉ものの量が同じになる程度目分量
 *コーンスターチを30g~40g(片栗粉でも味一緒だった)


バター 150g程度(志望ゼロマーガリンもありかも)
砂糖 80~110g ああ、覚えていない、どうしよう・・・
きなこに砂糖が入っていたから目分量で調整したので・・・
※粉砂糖のほうがさくさくします。

バター室温に戻したものに砂糖をいれてホイップ状に攪拌!

全部まぜて、棒状にして、好きな長さにして冷凍庫で保管。

食べたくなったときに必要量だけちょっと戻して切って焼く。

この程度の量でサランラップの棒状が3〜4つ作れます。
一つ大体10枚程度取れます。

オーブンにクッキングシート並べて焼く
最初強火200度で15分
その後170度に落として20分くらい長くしっかり狐色になるまで焼く。
(170度でずーっと長く焼くのもありかも)

しっかり焼いたらさくさくの軽いおからクッキーになって美味。

お砂糖とかの味はバターホイップの状態でなめて確認している私なので・・・
ああ、覚えていない・・・忘れちゃった・・・;;

基本粉もの あわせて100gにバター50g、砂糖30g程度です。
バターがね・・・カロリーあると思います。。。ダイエットできるかどうか
ちょっとわかんない・・・

粉砂糖のかわりにラカンカとかでカロリーを落として、
バターの変わりに低脂肪マーガリンでもいいと思う・・・^^;
(マーガリンはトランス脂肪酸が・・・)

●お手本にしたのはこちらのレシピ〜
http://cookpad.com/recipe/540782
けゆあさんのお菓子は見目がよいから大好きですw
手作りお菓子comments(4)trackbacks(0)
スポンサーサイト
-|- |-|
Comment








失敗してもチャレンジし直してものにする
何事も同じですが・・失敗のままで終わってることが多い現代人
やり直してみることしないから〜〜
もうこれでおからクッキーも・・けえこさんレシピですね
わが家でもやってみることにしました
レシピをコピーしてお休みにチャレンジです
from. ぱふぱふ | 2011/08/29 09:24 |
おいしそうなこんがりキツネ色ですね。
前回もクッキー自体は成功してたんではないですか。
けえこさんの食べっぷりが問題だったのですよ。きっと(笑)

私はダイエット食は性格上ムリですね〜^^;
使用法用量とやらが守れない貧乏腹の持ち主なんです^^;
あったらあっただけ食べてしまう・・・・悲しい性(さが)です(笑)


from. 月子 | 2011/09/01 20:52 |
香ばしい香りがしてきそう!
涼しくなってきたから、私も挑戦してみようかな。

夏の間は、得意のカトルカールもバターがダレて作れませんでした。そろそろ復活できそうですね。
from. Caroline | 2011/09/04 17:06 |
ぱふぱふさん♪

そうですそうです。
とくに料理系は、私はわりと完璧主義です(嘘ばっかり)
きなこいれるとおからの独特の風味がなくなって、
食べやすくていいですが〜あくまでダイエットクッキー
ですから!普通のクッキー焼く方が断然おいしいですよっ汗

 
 
 
 
月子さん♪

どこらへんを成功というのか〜人にあげてもいいかなと
思うレベルかなと思っているのですが、前回のはあげられませんw

月子さん、あったらあっただけ食べてしまう・・・
うっ耳が痛い・・・
太りやすい体質な私の横で新陳代謝が私の10倍ほどいい
旦那がばっくばくと見境なく食べるんですよ。。。
しくしく
 
 
 
 
Carolineさん♪

caroさんちで真似したカトゥルカール!の美味だったこと、
Carolineさんリスペクトですからわたくし!!
もっと上手な奇麗な形のができるんだろうなああ。。

そういえば、膨らんでしまった猫型クッキーもリベンジ
しなくては!!!!(笑)
from. けえこ | 2011/09/14 00:05 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eclat.jugem.cc/trackback/1210
<< NEW | TOP | OLD>>