エクラ・デ・ジュ。日々のキラキラ。

 

 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-|- |-|
21歳の、祖母の手。
photo by Lumix DMC-LX3 

認知症があって、父の生前より老人ホームにお世話になっている祖母。
父の母、ということになっているが実際は父の父の妹にあたる叔母。
戦死した兄の息子を、結婚せずに育てた人。

だから、父と手が似ていて、もちろん父似の私ともよく似ている。

今年91歳。認知症の認定日には、年を聞かれて元気よく、
「21歳です!」
といっていたおばあちゃん、7月からがたがたっと足腰弱っているけど100歳まで生きたいといっていたから、目標まで元気でね。後79年も頑張らないと(爆)
日常の雑音comments(6)trackbacks(0)
スポンサーサイト
-|- |-|
Comment








わー素敵な手ですね。
生きてる!といいますか、頑張ってきた!というものを
感じさせていただけます。
おしゃれに指輪までされて〜^^

「21歳です」と力強く答えられたのなら、間違いなく100歳の
お誕生日ができますね^^
from. 月子 | 2011/10/10 14:24 |
美しい手ですね
私のばあちゃんの手は畑仕事の好きな人だったから
もう節くれだってるし如何にも畑仕事の手だっていう感じで
とてもけえこさんのおばあちゃんのような
品のある手ではなかったですね〜〜
手を見るとその人の生活環境が分かると言いますが
上品さがずっと備わった生活されてたんでしょうね
いつまでもいつもでもそばにいてほしいものですよね
from. ぱふぱふ | 2011/10/11 09:10 |
月子さん♪

おばあちゃん、もちろんおもちゃの指輪なんですよw
ずっとつけていますねえ。

ヘタすると私よりシワのない手かもしれませんが、
ちょっと水分量が減った気もしないではなく。。。
チェックのために撮影したんですよ^^;
長生きしてもらいたいですが・・・。
 
 
 
 
ぱふぱふさん♪

うちの父方の祖母も母方の祖母も、畑をしていない
おばあちゃんの手です。
とくにこのおばあちゃんはお琴に三味線にお花に
お茶に、御詠歌に、趣味を楽しんでいらっしゃった
ばーちゃまなので、苦労をされているような感じが
見受けられません。京都の粋な着物をきているイメ
ージが強かったのですが、今はかわいいおばあちゃん
になっちゃいました。

母といい、祖母といい、自分勝手に好きなように生きて
いるタイプの人たちなので、ここだけの内緒の話、

『わたしはとっても疲れます(爆)』
from. けえこ | 2011/10/12 19:37 |
何だかすごく素敵な話ですね。


今までの頑張りや思い出の詰まった手ですね。

後79年頑張って欲しいですね〜^^
from. グル | 2011/10/13 07:17 |
こちらのほうにもこんにちは!
読んでいてにやにやしてしまうような記事だったので思わずコメントしてしまいました。

これからもお元気で!
いいな、21歳とか言えちゃうおばあちゃん。
あこがれます^^
from. りん | 2011/10/15 21:43 |
グルさん♪

ありがとうございます。
グルさんの感動的な写真をみていると、
ああ〜もうグルさん遠くておいつけなーい
さよーならーって感じなんですけど(爆)
がんばって情緒豊かな写真を撮りたいと
思っております^^; 
 
 
 
 
りんさん♪

ほんとに、笑っていられるように、おばあちゃん、
がんばってほしいです〜
元気なときは、わしはー100歳までいきるんじゃー!
といっていたので、せめてほんとに100歳まで
いってほしいのですけれどねえ、、いろいろ持病が
ありましてねえ。でも90歳超えってすごい!
from. けえこ | 2011/10/17 01:04 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://eclat.jugem.cc/trackback/1225
<< NEW | TOP | OLD>>